内視鏡の検査を受ける際に気をつけておくこと

内視鏡検査の受け方

検査前日までに食事で注意しておくこと

検査をする際には、便が大腸に残っていると十分な検査ができないです。検査の数日前は消化の良い物を食べておくと良いです。また、前日の夜は食事を控えて水分のみを摂るようにしましょう。そうすると正確な検査結果がでます。

検査当日は水分しか摂ることはできない

検査をする当日は、水かお茶しか摂取してはいけません。薬を服用している人は朝7時までに服用して下さい。検査の前に排便を促すために水2lを飲みます。水を飲んでいる途中で体調が悪くなった時は、すぐに病院に連絡しましょう。

内視鏡検査の一連の流れを知っておきましょう

検査台では、横になってラクにしておきましょう。そして、内視鏡を肛門から入れて医師がモニターで腸内を観察します。検査自体は、数十分で終了するので気軽に検査をしましょう。それでも、緊張する場合は医師に相談すると良いでしょう。

検査が終わった後に気をつけるポイント

車の運転は、検査当日はしてはいけません。また、検査が終わってから1時間は飲食は控えておきましょう。激しい運動は翌日からであれば可能です。まれに便に血が混じる場合がありますが、これは検査が原因なので気にしなくても大丈夫でしょう。もし気になることがあれば、名古屋にある病院の医師に相談すると良いです。